十を聞いて一を知る

要領の悪い高専生がプログラミングをします。

RubyKaigi2017 1日目

こんばんは、ぐりです!!!
めちゃくちゃ間が空きました。いやーネタ不足って怖いですね。

ところで、今日から広島でRubyKaigiが開催されています。
地元民かつRubyistの端くれとして行くしかないですよね!!
ということで行ってきました!!!

目次

  • 発表まとめ
  • ぱーてぃ
  • まとめ

発表まとめ

Keynote

Issues

Web API development in 2017

History of web api

  • Resource is “noun”
    • follow user -> make friendship resouece
  • do not include verb in the URI
  • Cool URIs should read

history of web api on ruby

  • API description language
    • API Blueprint
    • OpenAPI
    • RAML
    • JSON Hyper-Schema
  • not REST GraphQL

scheme first dev

  • Server side engineer and Client side enginnew discuss schema at first -> Happy !!
  • OpenAPI is like Swagger

the next of rest

  • GraphQL
    • great
    • API Query Language
    • Only 1 endpoint
    • WYSIWYG

Hanami

eat ramen everyday is normal

  • Hanami focus on Long-term maintainance
  • Simplicitly and Lightweght
  • なんかすごそうだから触りたい

Development of Data Science Ecosystem for Ruby

  • you can use python by PyCall from ruby
  • it’s convenient with ruby programs that already exist

Party

運良くOfficial Partyに参加できました!! 前夜祭でも話した人と話したり、新しく話しかけてもらったりしました。 それと、去年のRubyKaigi2016で話してもらった方たちとも会えました!! 全然成長できてなくて申し訳ないですが…

話しかけるのはめちゃくちゃ難しいです。 とはいえ漠然とそう思ってるだけで、あとになって冷静に考えてみると簡単なんですよねー。 難しいという理由でぱっと思いつくのは

  • 話が続かないかもしれないから
  • 話しかけるきっかけがわからないから
  • もうすでに誰かと話してるから

みたいな感じですけど、

  • 話が続かなかったら離れればいい し、
  • きっかけなんて発表どうでしたーって聞けばいい し、
  • 誰かと話してるからっていうのはまあしょうがないから別の人を探せばいい

かなって感じですよね。 その場に立つと怯んじゃうんですけど笑

明日のは私用で参加できないんですけど、3日目のは参加できるのでそのときは試してみます。

まとめ

発表中に取ったメモをそのまま貼り付けているんですが、情報量が少なすぎます…
一体どんな発表だったのか全然わかりませんので、明日からはもっと取るようにします。この辺普段メモしてないのが出ますね。

それと写真がないのも痛いですね。全然面白くないですし、雰囲気が伝わってこないです。

気になったワードとしては
1位 Hanami
2位 CTF(本売ってた)
3位 WebSocket(というかリアルタイムでごにょごにょできるwebサービス作りたい)
4位 PyCall
5位 Julia
でしょうか。 それぞれRubyKaigiが終わったら記事にします。(って宣言すれば多分できる)

明日の目玉は@mrknさんのワークショップですかね。

rubykaigi.org

それでは会場でお会いしましょう。さよならー。