十を聞いて一を知る

要領の悪い高専生がプログラミングをします。

vim-refを使ってrubyのドキュメントを参照してみる

こんばんは。
今日はvimをちょっと便利にしてみます。

ここのままです。
ちなみにプラグインマネージャーはdeinを使っています。

くれぐれも、vim-refのインストール、設定を先にしないように
私はこの順番を間違えたせいで一晩と20本ぐらいの髪の毛を消費しました。お気をつけください。

$ gem install refe2
$ bitclust setup
# dein.toml

repo = 'thinca/vim-ref'
# .vimrc

let g:ref_refe_cmd = $HOME . '/.rbenv/shims/refe'

これだけで終わりなのですが、調べているとvim-ref,vim-ref-ri,refe等々…似たような単語をよく見かけました。
すごく紛らわしいですはい。vim-refの辞書としてriとかrefeがあるって感じですかね??????