十を聞いて一を知る

要領の悪い高専生がプログラミングをします。

Mechanizeを使ってWeb予約を自動化してみる・続々

こんばんは。
前エントリで言ってた、mechanizeから見たら結果が違うっていうやつですが、単純にif文の条件式を間違えていただけでした。アホですね。実際には正しいのが返ってきていたのでしょう。

さて、張り切って続きをしていきましょう。
とはいえ今日も一瞬です。

require 'mechanize'

post_uri = # ログインページURI
get_uri = # 予約一覧ページのURI
params = # IDとかパスワードとかログインに必要なパラメータをハッシュで

agent = Mechanize.new
agent.post(post_uri, params)

loop do
  reservation_page = agent.get(get_uri)
  sleep(10) # これがないとただのDoS攻撃になる
  agent.post(post_uri, params) if ログインできてないと言える条件

  if 空いていると言える条件 then
    puts "空きができました。"
  end
end

params一昨日のエントリを参考に調べてください。

以上です!!
明日はLINE Botと連携します。